先輩としてのプロの責任と自覚

建築会社の研修「先輩としての自覚と目標設定」

建築会社の女性社員を対象とした「先輩としての自覚と目標設定」の研修が先日行われました。皆さん、具体的な目標が見つかり先輩として今一度気持ちを引き締める機会となったようです。一部研修終了後の感想をご紹介します。
■今回はロールプレイをメインに行ったのですが、その中でも指示的行動が難しかったです。基本行動の注意が大切だと分かったので、引き続き周りを見て、気づいたことはその都度教えてあげたいと思います。その際、今回学んだサンドイッチ法を用いてコミュニケーションをとりながら行っていきたいです。後輩指導だけでなく、日頃の電話・接客応対でも取り入れられるので意識して行動していきたいと思います。さらなる顧客満足を目指して後輩指導はもちろん自分自身のレベルアップにつなげていきたいです。
■先輩としての自覚や責任、プロの社員としての心構えや行動について学ぶことが出来ました。研修を通して今の自分を振り返り、出来ていること、いないこと、今後の目標についても再確認出来ました。私の思うプロの社員像は、基本行動がしっかり出来て、周りから信頼される社員です。そのようなプロの社員になるためにも、まずは今の自分の行動を見直し、健康管理や時間管理、報連相の徹底をすることを今後の目標としたいです。

研修などのお問い合わせ先

株式会社オフィスキャンドゥ

公開講座や企業研修、NLPなど、お気軽にご相談ください。

お電話、当サイトの専用フォームからお問い合わせください。

tel.076-242-7970
WEBからのお問い合わせ
受験者の声

受験者の声

CanDoのセミナーを受講された方々からの感想などを掲載。

企業導入事例

企業導入事例

企業内での新人研修、コーチング、クレーム応対などの研修を導入していただいた企業をご紹介します。